Walkerplus > 夜景時間 > よるトピ > 【札幌】北海道ならではの澄み切った空気の中で眺める大パノラマ
Yakei Topics よるトピ

「光」と「闇」が織りなす景色…魅惑的な夜景の世界へようこそ! 季節ごとのイベントや商業施設のイルミまで、“よるのTOPICS”を紹介。 「光」と「闇」が織りなす景色…魅惑的な夜景の世界へようこそ! 季節ごとのイベントや商業施設のイルミまで、“よるのTOPICS”を紹介。

201711.01UP!

【札幌】北海道ならではの澄み切った空気の中で眺める大パノラマ

冬になると、より一層澄んだ空気に包まれる北海道。夜景を楽しむには欠かせない条件がそろうことで、宝石のように輝く景色が堪能できる。今回は、他県からもアクセスしやすい札幌からイチオシの夜景スポットをピックアップ。紹介してくれるのはモデルのrenさん。時間を忘れて優雅な時間を過ごそう。

アクセス抜群!札幌駅直結型の展望スポット「JRタワー展望室 T38」へ

地上38階、高さ160mに位置する「JRタワー展望室 T38」は北海道イチの高さを誇る。札幌の景色を360度グルッと見渡せるフロアは、まさに「ここでしか見られない」眺望。南側からは大通、すすきのといった札幌の繁華街エリアが宝石をちりばめたように光り輝く。

夜景をゆっくり楽しめるよう暗めの館内は、「惑星音階」と呼ばれる特別な音階から作られた音楽が流れる。そんな音楽を聞きながら、館内に設けられたカフェ・バースペースで、飲み物やフードを楽しむことも。「贅沢に過ごせますね」とrenさんも大満足。

続いて2011年にリニューアルした、大パノラマが広がる「藻岩山」へ

標高531m。札幌中心部からもほど近い「もいわ山 山頂展望台」からは、札幌を一望できる360度の大パノラマが広がる。こちらへはロープウェイ、もーりすカーと乗り継いでいくのがベター。わずか5分ほどの乗車時間でも藻岩山中腹に到着するため、ぐんぐん高度を上げるロープウェイからの夜景は、その時しか見られない刹那的なもの。

夜景だけではなく、2012年7月に「恋人の聖地サテライト」に認定されている「もいわ山 山頂展望台」は、デートスポットとしても人気。高台に配された「幸せの鐘」を鳴らし、「愛の南京錠」(中腹駅売店と山頂駅「スターホール」で販売)に2人の名前を書いて手すりに取り付けることで「絶対に別れない」という伝説があるんだとか。これにはrenさんも大興奮!

夜景と共に美味を堪能できる「京王プラザホテル札幌 鉄板焼やまなみ」でディナータイム

ディナーは、選び抜かれた旬の食材を、北海道ならではの雄大な景色と共に楽しめる「京王プラザホテル札幌 鉄板焼やまなみ」で。カウンター席では、夜景を眺めながらシェフが目の前で鮮やかに調理をする姿を間近で見ることができる。ここでrenさんが堪能した食事は「札幌の夜景」をイメージした「新三大夜景ディナーコース」。

「新三大夜景ディナーコース」は先付、前菜に続き、鉄板焼きで提供される長崎産イトヨリ鯛のブイヤベース、神戸牛サーロインなど豪華な品々がそろう。そしてコースの名物となっているのが、オブジェのような装いのデザート「Sapporo Fantasy」だ。

チョコレートとエスプレッソを材料に、エアブラシなどで演出した藻岩山が描かれている皿の上には、「さっぽろテレビ塔」をイメージしたアメ細工と、月を表現したという球体のキャラメルが。この球体に泡立てた熱々のミルクをかけると表面が徐々に溶け出し、中に隠れていた焼きリンゴなどのスイーツが姿を現す。少しずつ溶けていく様子に「わぁ!すごい!」とrenさんも興奮!

宿泊は高層階からの夜景が美しい「札幌プリンスホテル」

宿泊先は、夜景巡りを締めくくるにふさわしいとっておきのホテルへ。地上107m、28階建ての札幌プリンスホテルは全587室。ホテルの建物は円柱状となっているため、札幌駅やすすきの方面のにぎやかな夜景や大倉山ジャンプ競技場などのおだやかな山側の夜景など、客室によって360度さまざまな角度の景色が楽しめる。

特に専用エレベーターでアクセスする22階以上の客室は「ロイヤルフロア」と名付けられるエグゼクティブフロアとなっており、客室の大きな窓から札幌の夜景を一望できる。

ロイヤルフロアには「ロイヤルスイートルーム」、「スイートルーム」、「デラックスツイン・ダブルルーム」の3タイプを用意。「広すぎてなんか緊張しちゃいますね」とrenさん。中心部からほど近い立地だからこそ見られる夜景が魅力だ。輝く街の景色を眺めながら今日一日を振り返る贅沢な一夜を楽しめる。

夜景巡りを終えたrenさん。「どんどん進化していく街並みと同じで、札幌の夜景も一段とキレイになったと感じました。訪れたことがある場所でも、見る角度や場所によってガラッと違う表情を見せてくれるので、セルフィスポット探しも楽しかったです。みなさんも今注目の札幌の夜景を満喫してはいかがですか?」

【ウォーカープラス「夜景時間」/取材・文=中田徹/撮影=AMVER樫本善太】

西武園ゆうえんちイルミージュ
日本新三大夜景
アパ上越妙高イルミネーション2017