Walkerplus > 夜景時間 > よるトピ > アパ上越妙高のオータムイルミに上杉謙信降臨
Yakei Topics よるトピ

「光」と「闇」が織りなす景色…魅惑的な夜景の世界へようこそ! 季節ごとのイベントや商業施設のイルミまで、“よるのTOPICS”を紹介。 「光」と「闇」が織りなす景色…魅惑的な夜景の世界へようこそ! 季節ごとのイベントや商業施設のイルミまで、“よるのTOPICS”を紹介。

201609.16UP!

アパ上越妙高のオータムイルミに上杉謙信降臨

11月15日(火)までアパリゾート上越妙高(新潟県妙高市)にて開催中の「アパリゾート上越妙高イルミネーション2016 Myoko Happiness Illumination~幸福を呼ぶ光の双龍~」のオータムイルミネーションがスタートした。大好評だったサマーイルミネーションがさらにパワーアップした秋バージョンの演出をぜひチェックしてほしい。

東日本最大規模のイルミネーションは、上越市に居城があった上杉謙信公ゆかりの話をテーマに“龍の誕生から双龍に成長するまでの物語”を全体で描いている。そしてギネス世界記録認定で話題になった2015年に続き、敷地を約4万平方メートルに拡大し、球数も約160万球にボリュームアップした。それだけでなく、本年度は世界初の新演出も登場するなどいっそう目が離せない内容に!

世界初のダブルウォータープロジェクションマッピングが一新!

9月1日からはじまったオータムイルミネーションでは、世界初のダブルウォータープロジェクションマッピング「風神~起承編」と「雷神~転結編」を一新。双龍が主役のサマーイルミネーションから、今回は上杉謙信公の一生を描く物語に。プロジェクションマッピングでは抽象的なものを描くことが多いが、こちらは具体的な歴史に沿って展開する非常に珍しいものとなっている。

2つの池で上映する「風神~起承編」と「雷神~転結編」は、それぞれで異なる技術のウォータープロジェクションマッピングが楽しめる。新たに打ち出す物語は、上杉謙信公の守護神である双龍が風神・雷神を呼び寄せて謙信公と共に戦い抜くオリジナルストーリー。前編にあたる「風神~起承編」では、上杉謙信公の誕生から宿敵・武田信玄が登場する川中島の戦い(1553~1564年)までを描く。アーチ状に吹き上げる水に浮かぶ彼らの姿が幻想的だ。

続いては後編の「雷神~転結編」。ここでは水が滝のように降り注ぐウォーターカーテンを使用しており、涼しげな水の音が印象深い。無事戦いを乗り越えたところからスタートする後編は、各地を平定し能登半島まで勢力を拡大するなかで、織田信長軍が立ちはだかる手取川の戦い(1577年)をメインに展開する。義理堅い武将として知られる上杉謙信公ならではのシーンも盛り込まれ、双龍の力で登場する雷神の疾風感も見どころ!

新たなストーリーを携えた「風神~起承編」と「雷神~転結編」。池と一体化する映像はもちろん、ダイナミックな音の響き方も山中ならではの迫力だ。自然の中で見る映像はまた格別。ほどよい涼しさになってきたオータムシーズンは、ぜひ進化した「アパリゾート上越妙高イルミネーション2016 Myoko Happiness Illumination~幸福を呼ぶ光の双龍~」へ遊びに行こう。

さらに毎日行われている季節イベントも楽しみのひとつ。9月30日(金)までは併設するイルミ屋台村の各店舗で500円均一のメニューを一品ずつ出品し、来場者の投票による「屋台村グルメNO.1決定戦」を開催。また10月16日(日)から31日(月)の期間中は、仮装で訪れた来場者へ記念品も贈呈されるので、仲間と仮装イルミを楽しんでみて!【ウォーカープラス「夜景時間」】

夜景鑑定士検定2017
西武園ゆうえんちイルミージュ
日本新三大夜景
アパ上越妙高イルミネーション2017
夜景イベント