TOPICS夜景トピックス 季節ごとのイベントやイルミネーションなど、夜景にまつわる最新トピックスをチェック!

2018.07.20

世界初&北陸最大級!太古と恐竜の世界がテーマのイルミネーションが初開催

福井県勝山市の「スキージャム勝山」で2018年7月14日(土)から10月28日(日)まで、北陸最大級のイルミ「ジオ・イルミネーション」が初開催される。

恐竜化石の産地として知られる福井県勝山市。恐竜をテーマにした世界有数の博物館「福井県立恐竜博物館」があり、市内には恐竜のモニュメントが点在している。そんな街で、世界初(!?)の「太古と恐竜の世界」をコンセプトにしたイルミネーションが登場した。

神秘的な太古の世界を、最新技術によるイルミネーションで表現

監修・プロデュースは、「ハウステンボス」や「東京ドイツ村」、「白い恋人パーク」などを手がける夜景評論家の丸々もとお氏だ。

2万6100平方メートルの広大な敷地を6つのエリアに分け、それぞれに時代を設定。46億年前の地球誕生から植物や魚類の誕生、そして恐竜の時代である中生代までを、約60万球のLEDイルミネーションやプロジェクションマッピングなどの最新技術を用いて幻想的に描く。

サンゴやクラゲなどが深海できらめく
池の水面を利用したプロジェクションマッピング

クライマックスは高台の展望台。イルミネーションと壮大な音楽で表現された“光の地上絵”はまさに圧巻だ!

展望台から見下ろす“光の地上絵”。記念撮影もここで!

見学範囲は約1.7kmで、所要時間は30分から45分ほど。写真を撮りながらゆっくり周りたい人や、小さな子どもがいる場合はもう少し長く時間を取っておこう。

見学ルートは舗装されているが、坂道があるため歩きやすい靴で訪れよう

イルミネーション期間中はイベントも実施。7月21日(土)・22日(日)と28日(土)・29日(日)は、炎と光のファイヤーパフォーマンスを開催(20:00〜、20:45〜、見学無料)。9月15日(土)・16日(日)には、2日間で約800個のLEDランランを空に浮かべるLEDスカイランタンなどが予定されている。

9月15日(土)と16日(日)に開催されるLEDスカイランタン。幻想的な光景が目の前に広がる

会場は大阪から車で約3時間、名古屋から約2時間という好アクセス。7月中の場合、勝山市の日の入りは19:00過ぎのため、19:30以降の来場がオススメだ。

大浴場や屋内温水プールのほか、パークゴルフやパラグライダーなどアクティビティも豊富

会場には宿泊施設「ホテルハーヴェスト スキージャム勝山」も併設。壮大なイルミネーションとあわせて、高原リゾートを楽しむのもいいだろう。

■「ジオ・イルミネーション」
期間:2018年7月14日(土)〜10月28日(日)
会場:スキージャム勝山
住所:福井県勝山市170-70
時間:7月14日(土)〜9月14日(金)は18:30~22:00(最終入場21:15)、
   9月15日(土)~10月28日(日)は17:30~21:00 (最終入場20:15)
料金:大人1000円、小人(小学生)500円、小学生未満無料
問い合わせ:0779-87-6109

OTHER TOPICS