標高124mから若戸橋や皿倉山が一望できる

高塔山公園の火野葦平文学碑

洞海湾や若松市街の夜景を見渡す穴場スポット

小説「麦と兵隊」などで知られる火野葦平(1906~1960年)は現在の北九州市若松区の出身。市内各所に記念館や縁の場所があり、標高124mの高塔山周辺に整備された高塔山公園の中腹には文学碑が建てられている。葦平の文学の舞台にもなった若松市街や洞海湾を見渡すことができ、ここから見える若松市街の夜景も美しい。また、高塔山山頂の展望台からは見えない八幡地区の夜景が洞海湾の対岸に見えるのも特徴だ。文学碑周辺は少し暗いので、懐中電灯を持参していくと安心。

【住所】
福岡県北九州市若松区大字修多羅
【時間】
終日開放
【駐車場】
○  138台
【アクセス】
【電車】JR若松駅から徒歩20分 【車】若松市街地から約5分
【問合せ先】
093-761-5321若松区役所総務企画課
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。
 ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税8%内税表示です。

写真=(C)(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー/丸田あつし

FUKUOKA福岡県

ftwitter
facebook
line