宮津湾に横たわる天橋立

大内峠一字観公園

宮津湾に天橋立のシルエットが浮かび上がる

丹後半島の付け根にある公園で、日本三景のひとつ天橋立を横一文字に見渡せる一字観と名付けられている。園内には若狭湾を一望する展望デッキがあり、天橋立の夜景も楽しめる。ほのかな外灯の明かり以外は闇に溶け込む天橋立と、眼下に光る与謝野町の道路や街並、対岸の宮津市の街明かりがコントラストを見せ、昼とは違う幻想的な雰囲気を醸し出す。夜景の見頃は、春・秋20:00、夏21:00、冬19:00と比較的遅い時間帯で、中空に月がかかる頃が最高だ。公園には街灯があり、安心して夜景を堪能できる。

【住所】
京都府与謝郡与謝野町弓木坂尻3211
【時間】
終日開放、管理事務所は10:00~17:00
【料金】
入場無料 (施設利用の場合は別途)
【駐車場】
○  30台
【アクセス】
【電車】京都丹後鉄道宮豊線天橋立駅から丹海バス峰山方面行き弓木下車、徒歩30分 【車】山陰近畿自動車道(鳥取豊岡宮津自動車道)与謝天橋立ICから約15分
【問合せ先】
0772-46-0052大内峠一字観公園管理事務所(4月~11月の開園期間のみ)
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。
 ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税8%内税表示です。

写真=(C)(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー/丸田あつし

KYOTO京都府

ftwitter
facebook
line