高崎山のシルエットと別府湾沿いのきらめく光

十文字原展望台

別府湾沿いに光が連なるパノラマ夜景

十文字原は、別府市北部に広がる標高500mの高原。高原には別府湾を見下ろす場所に展望台があり、別府市街はもちろん、大分市や国東半島、晴れた日には四国まで一望できる。大分随一の定番夜景スポットとしても知られ、別府市街から海辺、大分市まで光がつながるパノラマ夜景を楽しめる。大分自動車道や立命館アジア太平洋大学の鮮やかな明かり、海沿いに連なるやわらかな光の瞬きなど、見飽きない美しさで、日本夜景百選や日本夜景遺産にも認定されている。

【住所】
大分県別府市大字野田字大字野田字池ノツル1200
【時間】
終日開放
【駐車場】
○  8台
【アクセス】
【電車】JR別府駅西口から亀の井バス(APU方面行き)に乗り日本夜景百選 十文字原展望台前(旧バス停名は湯山テレビ塔)下車徒歩5分 【車】大分自動車道別府ICから約15分
【問合せ先】
0977-21-1128別府市観光課
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。
 ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税8%内税表示です。

写真=(C)(一社)夜景観光コンベンション・ビューロー/丸田あつし

OITA大分県

ftwitter
facebook
line